読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

高校生バスケ大会関連の感染者相次ぐ、参加校の生徒ら計29人に

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 茨城県と水戸市は15日、新型コロナに159人が感染したと発表した。1日当たりでは8日の127人を抜き、過去最多を更新した。県内の感染者は累計で3617人となった。

 159人のうち80人は、美浦村の特別養護老人ホーム「みほ」の職員と利用者だ。県はクラスター(感染集団)の発生を認定した。

 職員は20~60歳代の20人、利用者は60~90歳代の60人。利用者は施設で療養している。県が14日までに発表した5人を含め、感染者は85人に上り、1か所の施設で最多の人数だ。

 高校生らの感染が相次ぐバスケットボールの大会では、県の集計で参加校の男子生徒4人と40歳代の男性教員の感染が新たにわかった。水戸市の集計でも市内に住む男子生徒の感染が判明しており、大会関連の感染者は計29人に増えた。

 筑西市の高齢者福祉施設では、90歳代の利用者の女性が新たに感染した。施設での感染者は13人目だ。

 県財政課に勤務する県職員の40歳代男性も感染。予算調整に携わり、県民と直接の接触はない。

 県警は15日、取手署と古河署の女性巡査2人の感染を明らかにした。いずれも20歳代で、6日から県警察学校(茨城町)で研修を受けていた。取手市と古河市に住んでおり、15日の県発表に含まれている。

 一方、水戸市は15日、水戸市大工町のキャバクラ店「VOGUE(ヴォーグ)」に関連した感染者が県の発表分も含めて18人に上ると明らかにした。従業員9人、客3人、従業員や客の知人や家族らが6人だという。15日発表の感染者には、店の関係者はいないという。

無断転載・複製を禁じます
1774602 0 社会 2021/01/16 12:30:00 2021/01/16 17:34:18 2021/01/16 17:34:18

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)