読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

嫁をよそ者に奪われた腹いせ、雪上に新婚男性放り投げる伝統行事「むこ投げ」

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 新婚の男性を雪上へ放り投げ、夫婦の絆が深まるよう願う小正月の伝統行事「むこ投げ」が15日、新潟県十日町市の松之山温泉で行われた。

 むこ投げは集落の娘をよそ者に奪われた腹いせで始まったといわれ、300年以上の歴史があるとされる。昨年は少雪で場所を変更して行ったが、今年は2メートル以上の積雪があり、例年通り薬師堂で開催した。

雪の中へ放り投げられる男性(15日、十日町市松之山湯本で)
雪の中へ放り投げられる男性(15日、十日町市松之山湯本で)

 同市松之山光間、津南町職員の男性(31)と、妻(35)が一般公募で選ばれた。妻が「かっこよく飛んでねー!」と声をかけた後、男衆に担がれた男性が「いち、にの、さん」のかけ声で宙を舞い、雪の斜面を転がって妻に迎えられた。

 新型コロナウイルス対策として、参加者のマスク着用、甘酒の振る舞い中止などの対応が取られた。男性は「伝統文化がつながった。歴史の一ページに立ち会えてうれしい」と話していた。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
1774595 0 社会 2021/01/16 12:23:00 2021/01/16 14:52:23 2021/01/16 14:52:23 雪の中へ放り投げられる新婚の男性(1月15日午後2時28分、十日町市松之山湯本で) https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/01/20210116-OYT1I50026-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)