阪神大震災で崩壊したビルの前、ぼう然と立ち尽くす「安田大サーカス」団長…亡き友が今も支え

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

1995年1月17日の読売新聞夕刊に掲載された写真。安田さん(中央)が立ちすくんでいる
1995年1月17日の読売新聞夕刊に掲載された写真。安田さん(中央)が立ちすくんでいる

 「ここで恵介のことを待っていた」「このフルーツ店はずっとある」

 昨年12月28日昼、兵庫県西宮市のJR甲子園口駅に、お笑いトリオ「安田大サーカス」団長の安田裕己さん(46)の姿があった。記憶をたどりながら、1995年1月17日早朝のことを少しずつ思い出していた。

震災で生き埋めになった親友に声をかけ続けた現場に立つ安田さん。悩んだ末、自らの体験を語ると決めた(昨年12月28日、西宮市で)=宇那木健一撮影
震災で生き埋めになった親友に声をかけ続けた現場に立つ安田さん。悩んだ末、自らの体験を語ると決めた(昨年12月28日、西宮市で)=宇那木健一撮影

 駅前の崩壊したビルの前で、ただ、ぼう然と立ち尽くした。親友の山口恵介さん(当時20歳)が、生き埋めになっていた。当日の読売新聞夕刊の写真にその様子が写っている。

 「おーい、恵介。寝るなよ」。いてつく寒さの中、同級生と声をかけ続けた。2日前に一緒に成人式を迎えた親友。5日後、遺体となって体育館で対面した。

 お笑い芸人になる夢を捨てきれず、でも、踏ん切りがつかないまま、いたずらに日々を過ごしていた。翌年、タレント養成所に入ったのは、幼稚園からの「腐れ縁」という恵介さんの言葉が背中を押したからだ。

 冗談を言うと、よく笑い、「おまえ、芸人になれや」と突っ込んでくれた。「たとえ売れなくて苦労しようが、やりたいことやったる」。亡き友にそう誓った。

1

2

3

スクラップは会員限定です

使い方
「社会」の最新記事一覧
1775870 0 社会 2021/01/17 06:26:00 2021/07/08 10:50:34 2021/07/08 10:50:34 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/01/20210116-OYT1I50056-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)