読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

阪神大震災から17日で26年、コロナの影響で追悼行事を前倒し

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 6434人が犠牲になった阪神大震災から、17日で26年となる。兵庫県内では、毎年各地で追悼行事が営まれるが、今年は新型コロナウイルスの感染拡大に伴う緊急事態宣言が発令される中、中止・縮小する行事も相次いでいる。

参加者を分散させるため、半日前倒しされた「1・17のつどい」で、紙灯籠に火をともす人たち(16日午後7時22分、神戸市中央区の東遊園地で)=枡田直也撮影
参加者を分散させるため、半日前倒しされた「1・17のつどい」で、紙灯籠に火をともす人たち(16日午後7時22分、神戸市中央区の東遊園地で)=枡田直也撮影

 神戸市中央区の東遊園地では16日夕、市などによる「1・17のつどい」が始まった。例年は1月17日早朝から行われ、約5万人が訪れるが、参加者の分散を図るため、初めて前倒しした。

 地震発生半日前の午後5時46分、遺族らがマスク姿で黙とうをささげ、灯籠に点灯。復興の合言葉となった「がんばろう」の文字が浮かび上がった。今年はコロナ禍で竹を十分に確保できず、不足分は「コロナに打ち勝つ」「後世にも伝えていきます」などのメッセージが記された紙灯籠で代用した。夜通し火をともし、犠牲者を悼む。

 17日午前5時46分にも黙とうが行われる。「密」を避けるため、遺族代表や神戸市長による追悼の言葉は中止し、ホームページで公表する。記帳台も設置しない。一方、会場に来られない人にも参加してもらおうと、ウェブ会議システムを使った中継が初めて行われる。

無断転載・複製を禁じます
1775431 0 社会 2021/01/16 22:23:00 2021/01/17 00:21:53 2021/01/17 00:21:53 今年から使われる紙灯籠に火を灯す人たち(16日午後7時22分、神戸市中央区で)=枡田直也撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/01/20210116-OYT1I50059-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)