読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

若者の感染目立つ…帰省した知人と飲食、県外の成人式に出席

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 大分県と大分市は16日、男女19人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。若者の感染が目立ち、成人の日の連休中の飲食で感染が広がる可能性があるとして、注意を呼びかけている。

 発表によると、20歳代の感染者は6人。連休中に帰省した知人と飲食した人や県外の成人式に出席して戻った後に感染が判明した人がいた。

 8人はクラスター(感染集団)が発生した日出町のサンライズ酒井病院の医療スタッフと患者だった。病院の全スタッフと入院患者計344人の検査が終わり、陽性は15人になった。

 中津市と国東市で職員1人の感染も確認された。

 医療機関の負担を示す病床使用率は15日と同じ26・7%となっている。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
1776130 0 社会 2021/01/17 11:58:00 2021/01/17 12:06:51 2021/01/17 12:06:51

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)