船の航跡、流氷の海原にくっきり…網走の陸地から肉眼で確認も

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 北海道網走市の沿岸に流氷が接近している。18日、上空から見ると、流氷の海原に船の航跡がくっきりと浮かび上がった。S字や渦巻き状に漂う氷塊も見られた。

オホーツク海に広がった流氷の中を進む船(18日午後、北海道網走市の沖約40キロで、読売機から)=守谷遼平撮影
オホーツク海に広がった流氷の中を進む船(18日午後、北海道網走市の沖約40キロで、読売機から)=守谷遼平撮影

 網走地方気象台によると、今季は陸地から肉眼で確認できる「流氷初日」を17日に迎えた。平年より4日、昨季より23日早かった。網走沖では例年、2月上旬になると、流氷が接岸して海面を覆い、一般の船舶は航行できなくなる。

スクラップは会員限定です

使い方
「社会」の最新記事一覧
1780014 0 社会 2021/01/18 22:21:00 2021/01/19 09:28:17 2021/01/19 09:28:17 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/01/20210118-OYT1I50059-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)