読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

変異種感染の3人、同じ保健所管内…「公表すべき」との意見も

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

オンラインで行われた会議(20日夜、静岡県庁で)
オンラインで行われた会議(20日夜、静岡県庁で)

 静岡県は20日、新型コロナウイルス対策の専門家会議を開き、県内の男女3人が英国で流行する変異種に感染したことを受けて、昨年11月以降に陽性が確認された県内全域の検体を国に送り、変異種の感染状況を明らかにすることにした。

 国は検体の送付を県に求めている。県は国と調査で連携し、結果がわかり次第、県民や専門家会議に情報を提供する。県は現状で変異種を検査できる体制でないため、県環境衛生科学研究所で体制の整備に向けた準備を進めるとした。

 県はこれまで、男女3人が同じ保健所管内であるとしたものの、どこかは明らかにしなかった。これに対し、多くの委員から「地域ごとに公表すべきだ」との意見があがった。その理由として、変異種が確認された地域で感染を抑えるためとした。県は今後、感染が確認された場合に、少なくとも東部、中部、西部の地域ごとに公表する方向で検討するという。

 変異種はこれまでの新型コロナよりも感染力が強い可能性がある。会議は県に対し、飛沫ひまつでの感染を抑えるため、マスクの着用徹底を県民に呼びかけるよう求めた。

 県内の医療体制については、東部を中心に依然として病床が逼迫ひっぱくしているとして、病床をさらに確保する必要があるとの見解が示された。県は受け入れを増やすとともに、症状が回復してきた感染者を転院させるなど、症状別の受け入れ体制を整備することを説明した。

新たに76人感染

 県と静岡、浜松両市は20日、新たに計76人の新型コロナウイルスの感染者を発表した。死者の発表はなかった。感染者の累計は、県外での確認を除いて延べ4040例となった。

 県は44人を発表し、富士市が6人、沼津、三島両市が各5人だった。これまでに判明したクラスター(感染集団)関連として、伊豆の国市の高齢者施設と三島市の学生寮で各2人が判明した。今月18日に変異種の感染が分かった60歳代男性の濃厚接触者について、県は国からの検査結果の連絡を待っているとしている。

 静岡市は22人、浜松市は10人だった。

無断転載・複製を禁じます
1785784 0 社会 2021/01/21 08:21:00 2021/01/21 11:07:39 2021/01/21 11:07:39 オンラインで行われた県専門家会議(県庁で) https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/01/20210120-OYT1I50088-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)