読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

無人島で12年間「0円生活」、手作り船で230キロ離れた島に脱出した江戸時代の超人

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 テレビでは、芸能人が無人島で「0円生活」に挑戦したり、船を作って島からの脱出を試みたりする番組が人気を集めている。江戸時代、漂流後たどり着いた無人島で12年間生き延び、そこから手作りの船で230キロ先の別の島に渡って脱出に成功した人物がいたことを知っているだろうか。今年で没後200年。その人物の足跡をたどった。(2020年5月9日付読売新聞高知県版から)

 坂本龍馬、岩崎弥太郎、板垣退助、寺田寅彦……。歴史の教科書で紹介される偉人を輩出する高知。でも、「あそこに立つ銅像は誰?」「この看板で紹介されている人、どんな人?」と、気になった経験がある人も多いはず。知っていると、ちょっぴり自慢になる、「わがまちの偉人」を紹介する。(浦一貴)

「東洋のロビンソン・クルーソー」

土佐湾を見据える無人島長平の像(高知県香南市で)
土佐湾を見据える無人島長平の像(高知県香南市で)

 (きょう)(じん)な意志が顔に表れている。高知県香南市の土佐くろしお鉄道香我美駅前。険しい(まな)()しを土佐湾に向ける男の像がある。江戸時代、土佐から760キロ離れた無人の小島に船で流れ着き、12年後に生還した「無人島(ちょう)(へい)」だ。没後200年を迎える「東洋のロビンソン・クルーソー」。不屈の精神を今に伝えている。

 「生きるために様々な工夫を凝らした。決して諦めることがなかった」

 節目の年を前に像の修復を計画する準備委員会の矢野佳仁会長は、地元の英雄をそう語る。

強風に襲われ船で漂流し、無人島へ

 近藤勝氏が著した「無人島長平物語」によると、ここで生まれた船乗りだった。旧暦の天明5年(1785年)1月、「天明の大()(きん)」で、藩にもらい受けた救済米250俵を田野、奈半利に運んだその帰りに、強い西風に襲われたという。

 船は損傷、(かじ)や飲み水、火種も失い、漂流。乗船していた長平ら4人は、生米をかじり、雨水で命をつないで約2週間後、伊豆諸島南の無人島・鳥島に漂着した。

無人島での壮絶なサバイバル生活

鳥島全景(1999年、本社ヘリから撮影)
鳥島全景(1999年、本社ヘリから撮影)

 周囲8.5キロの小島。4人は岩穴で生活し、加工した(くぎ)で魚を釣り、貝や海藻を採った。島に生息するアホウドリも食料にし、卵の殻は雨水をためる器に使った。羽毛は、木の皮をほぐした繊維と合わせて衣服にした。火をおこせない生活は厳しく、仲間の3人は2年を待たずに死亡した。生食が大きな要因とみられる。

 長平は1年5か月、孤独を強いられた。木ぎれで数珠玉を毎日一つ作り、年月を数えたという。天明8年(88年)1月に大坂の船が、寛政2年(90年)1月には薩摩の船が漂着し、火打ちや大工の道具が手に入った。それでも助けを待つうちに4人が死亡。同6年(94年)の夏、残った14人で、流木を集めて船造りを始めた。

手作りの帆掛け船で無人島を脱出

 足りない道具や釘は、いかりを溶かして作り、衣服をほどいて帆を仕立てた。長さ11メートル、幅2メートルの帆掛け船は3年がかりで仕上げた。

 島を離れるにあたり、長平は、「今後漂着する人のため」と、アホウドリを干物にすれば保存食となると記した板や道具を岩穴に残した。同9年(97年)6月に出帆。6日間の航海で、約230キロ離れた有人の青ヶ島に到着。島民の船で向かった八丈島や江戸で、役人の取り調べを受けた後、同10年(98年)2月、土佐の地を踏んだ。

残り:413文字/全文:2009文字
読者会員限定記事です
新規登録ですぐ読む(読売新聞ご購読の方)
無断転載・複製を禁じます
1790803 0 社会 2021/01/23 09:13:00 2021/01/23 19:09:30 2021/01/23 19:09:30 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/01/20210121-OYT1I50034-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)