読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

静岡へ移動歴ある感染者の検体、山梨県が解析へ…変異種を警戒

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 海外への渡航歴がない静岡県の男女3人が英国で流行する新型コロナウイルスの変異種に感染したことを受け、山梨県は21日、今月に入って感染が判明した人のうち、静岡県への移動歴がある人の検体を国立感染症研究所(感染研)に送って解析を依頼する方針を明らかにした。

 山梨県によると、今月、静岡県への移動歴がある感染者は13人。このうちPCR検査後に検体が保存されている数人分を感染研に送る。この変異種は感染力が従来より最大で70%高い可能性があるといわれている。これまでも山梨県はクラスター(感染集団)が発生したケースなどで感染研に検体を送ってきたという。

 長崎知事は21日の記者会見で、今月上旬に1日の感染者数が30人を超える日が続いたことを挙げ、「この時に比べて感染者数は減ったが、静岡県の話もあるので引き続き警戒感を高めていかなければならない」と述べた。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
1788516 0 社会 2021/01/22 11:18:00 2021/01/22 11:26:59 2021/01/22 11:26:59

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)