【独自】母親「宝物だった命、肉団子一つで失われ怒りや不信感」…詰まらせた5歳児死亡で施設調査へ

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 和歌山県岩出市の児童発達支援センター「ネウボラロッツ」で昨年12月、ダウン症の男児(5)がミートボールをのどに詰まらせて死亡した事故を受け、県は22日午後にも児童福祉法に基づき、施設への立ち入り調査を行う。子どもや障害者が施設での食事で、のどを詰まらせて死亡する事故は各地で相次ぐ。県は当時の職員の配置状況や 誤嚥ごえん 防止の対策が適切だったかなどについて調べる。(大田魁人)

岩出市での誤嚥事故で亡くなった男児(昨年9月頃撮影、両親提供)
岩出市での誤嚥事故で亡くなった男児(昨年9月頃撮影、両親提供)

 県などによると、男児は昨年12月22日、施設内で昼食に出されたミートボールをのどに詰まらせて救急搬送され、同28日に窒息による低酸素脳症で亡くなった。

 児童発達支援センターは、障害のある未就学児を対象にした通所型支援施設で、ネウボラロッツはNPO法人「ロッツ」が運営。両親は、保健師の勧めで男児を3歳の時から平日の週5回、同施設に通わせていた。

 男児はあごの力が弱く、食べ物を細かく刻む必要があったが、事故後、施設側は県に対し、「(担当の保育士は)刻む前のミートボールを男児の前に置いた」などと説明しているという。

 施設は事故後、運営を休止中で、取材に対し、「警察の捜査を受けている最中でコメントは差し控える」としている。県は、当時の職員の配置や食事の提供状況などを調査し、違反が見つかれば、処分を検討する。県警岩出署も関係者から事情を聞いている。

1

2

3

スクラップは会員限定です

使い方
「社会」の最新記事一覧
1789111 0 社会 2021/01/22 15:00:00 2021/06/21 17:12:22 2021/06/21 17:12:22 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/01/20210122-OYT1I50046-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)