バスで困惑する80代女性、高校生2人「一緒に降りましょう」…警察署長「勇気ある行動」

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 徘徊はいかいしていた80歳代の女性を保護したとして、長崎県警島原署は県立島原工高1年の男子生徒(16)と、県立島原農高1年の男子生徒(15)に感謝状を贈った。

 2人は学校から帰宅中の昨年12月23日午後8時頃、島原市内を走行中の路線バスで、乗り合わせた女性が困惑した様子だったことから「一緒に降りましょう」と声をかけ、最寄りの交番に一緒に行った。女性には認知症の症状があり、家族が島原署に捜索願を出していたという。

 19日の贈呈式で宮下直樹署長は「勇気ある行動だった」とたたえた。2人は「今後も困っている人がいたら助けたい」と口をそろえた。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
1793764 0 社会 2021/01/25 07:26:00 2021/06/08 11:49:59 2021/06/08 11:49:59

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)