読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

「まとまって積もったのは久しぶり」栃木北部では大雪警報、日光では積雪39センチ

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 関東甲信地方で大雪が警戒された24日、栃木県内の一部にも大雪警報が出され、土呂部(日光市)では39センチの最深積雪が観測された(午後7時時点)。

 同日午前5時36分、那須塩原市と那須町に大雪警報が発表され、那須町では災害警戒本部が設置された。県危機管理課によると、東北道と北関東道の一部で速度規制が行われ、JR宇都宮線と日光線で遅延や運転見合わせが発生したが、大きな混乱はなかった。大雪警報は午後3時2分に解除された。

敷石の上に積もった雪を払う倉沢住職(後ろが国指定重要文化財の本堂)(24日午前9時18分、大田原市黒羽田町の大雄寺で)
敷石の上に積もった雪を払う倉沢住職(後ろが国指定重要文化財の本堂)(24日午前9時18分、大田原市黒羽田町の大雄寺で)

 県北部では早朝から除雪作業をする人たちの姿が見られた。大田原市黒羽田町の大雄寺だいおうじでは、昨年修理が終わった本堂(国指定重要文化財)のかやぶき屋根が真っ白となった。

 倉沢良裕りょうゆう住職(70)は朝に座禅会が予定されていたこともあり、午前6時から境内に積もった雪をほうきなどで払った。倉沢住職は「まとまって積もったのは久しぶり。来られる方の足元が滑らないように作業しました」と話していた。

 日光市のテーマパーク「東武ワールドスクウェア」は24日、臨時休園した。園内では約15センチの積雪も見られ、担当者は「来園者の安全確保も考えた」と話した。除雪作業は夕方までに終え、25日は通常通り営業するという。

無断転載・複製を禁じます
1794266 0 社会 2021/01/25 12:17:00 2021/01/25 15:06:10 2021/01/25 15:06:10 敷石の上に積もった雪を払う倉沢住職(後が国指定重要文化財の本堂)(24日午前9時18分、大田原市黒羽田町の大雄寺で)=石塚格撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/01/20210125-OYT1I50015-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)