読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

鳴門の「なると金時」畑、幾何学模様のバリアでがっちりガード

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 徳島県特産のサツマイモ「なると金時」の産地・鳴門市で、畑から砂が吹き飛ばされないように張り巡らされたネットが、上空から眺めるときれいな幾何学模様を描き出している=写真、読売ヘリから、東直哉撮影=。

 冬の間、強風に備えて農家が設置しており、隣接する畑で露地栽培される野菜に傷がつかないようにする目的もある。青や緑のネットが作る三角や四角、コの字など様々な模様が白い砂地に映える。

 2月以降に畝をおこして苗を植え、秋に京阪神を中心に出荷される。

無断転載・複製を禁じます
1795359 0 社会 2021/01/25 17:47:00 2021/01/25 18:17:48 2021/01/25 18:17:48 強風で砂が飛ばないよう、サツマイモ畑に張り巡らされたネット(18日午後0時35分、徳島県鳴門市で、本社ヘリから)=東直哉撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/01/20210125-OYT1I50037-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)