読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

亀井静香氏「ばか者!」と叱責…元秘書、河井克行被告から300万円受領

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 2019年7月の参院選を巡る大規模買収事件で、公職選挙法違反(買収など)に問われた衆院議員の河井克行・元法相(57)の公判が25日、東京地裁であった。証人出廷した亀井静香・元金融相(84)の元公設秘書(70)は克行被告から計300万円を受け取ったことを認め、「政界の要人から渡され、断れなかった」と証言した。

 克行被告は、妻の案里・参院議員(47)(1審有罪)を当選させるため、地元政治家ら100人に計約2900万円を提供したとして起訴されており、300万円は100人の中で最高額。

 尋問は、東京地裁と広島地裁を音声と映像でつなぐ「ビデオリンク」方式で行われ、元公設秘書は公示前の19年5月31日に100万円、7月3日に200万円を受け取ったと証言。克行被告から「企業や団体から締め出され、案里が大変。助けてください」と頼まれたと述べた。また、「公選法に違反するお金だと思った」とした上で、「克行先生は当選7回を数える政界の要人。重みがあり、断れなかった」と話した。

 元公設秘書は、買収疑惑が表面化した後の昨年5月、はじめて亀井氏に現金授受を打ち明けたとし、その際「ばか者!」と叱責しっせきされたと説明。「(亀井氏にも)ご迷惑をおかけして申し訳ない」と述べた。

無断転載・複製を禁じます
1795564 0 社会 2021/01/25 19:58:00 2021/01/26 06:41:42 2021/01/26 06:41:42

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)