読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

[コロナ最前線 民間救急]軽症者らを次々と搬送…緊急走行なし、時間との闘い

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 新型コロナウイルスの感染拡大で救急医療の現場が逼迫ひっぱくする中、「民間救急」の需要が高まっている。保健所や個人からの依頼で、主に軽症者を指定された病院に運び、重症者対応に追われる自治体の業務を支えている。東京都などに緊急事態宣言が再発令されてから1週間後の今月14日、事業者の業務に密着した。(大井雅之)

1人きりの「救急車」

民間救急車に乗り込む「フィール」の斉藤さん(14日、東京都内で)=大石健登撮影
民間救急車に乗り込む「フィール」の斉藤さん(14日、東京都内で)=大石健登撮影

 「さあ、今日も気を抜かずにいこう」。14日朝。民間救急事業者「フィール」(東京都日野市)代表の斉藤学さん(37)は防護服に袖を通し、医療用マスクとフェースシールドをつけると、表情を引き締めた。

 AED(自動体外式除細動器)や心電図モニターなどを備える車を1人で運転し、新型コロナに感染した東京・多摩地区の70歳代女性宅へ。女性は38度を超える熱があり、ふらついていた。「足元に気をつけて」。体を支え、車両の後部座席に座らせる。

 運転席から「息苦しくないですか」などと声をかけ続けた。新型コロナの患者は容体が急変することが少なくないためだ。地域医療の拠点となる大規模病院に着くと、防護服姿の看護師に女性を引き渡した。

 次の搬送予約は40分後。「時間がない」とつぶやくと、急いで車内を消毒し、十数キロ先の住宅街へ。民間救急車にサイレンや赤色灯はなく、緊急走行はできない。何とか間に合い、発熱してせきもある70歳代の男性を乗せると、再び病院へと向かった。

片道50キロの搬送も

 同社は2010年設立で、現在、保有車両4台のうち3台を新型コロナ用とする。この日は計13人を搬送し、すべての車が会社に戻ったのは日付が変わった後の午前1時半過ぎだった。

 新型コロナ関連の搬送は昨年11月に108件だったが、感染が拡大した12月は184件に急増。今月はさらに増え、25日までに計260件に上った。搬送料金は1件6万~10万円程度で、保健所からの依頼は全額公費で賄われる。

 感染者数が急増した年末から、病床が逼迫して患者を受け入れられない病院が増えたため、1件あたりの搬送距離が長くなった。多摩地区から東京23区の東部まで片道約50キロを走ることも少なくない。保健所から軽症と聞いていた患者が、搬送時には既に症状を悪化させていたケースもあった。

残り:859文字/全文:1933文字
読者会員限定記事です
新規登録ですぐ読む(読売新聞ご購読の方)
無断転載・複製を禁じます
1799188 0 社会 2021/01/27 05:00:00 2021/01/27 07:19:09 2021/01/27 07:19:09 新型コロナウイルスの陽性患者を救急車で搬送する民間救急フィールの斉藤学代表(14日、東京都内で)=大石健登撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/01/20210126-OYT1I50103-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)