読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

受験もコロナも「努力が真価を発揮する」…クイズ王・伊沢拓司さん[コロナ #伝えたい]

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 2度目の緊急事態宣言が発令されている。私たちが一刻も早く、コロナを乗り越えるには――。そのためにいま「#伝えたい」ことを、感染の経験や独自の視点を持つ著名人に聞いた。

愚直な手洗い・マスクで確実に感染確率が低下

伊沢拓司さん(クイズプレイヤー、26歳)
伊沢拓司さん(クイズプレイヤー、26歳)

 中学、高校、大学と、受験シーズンは本番を迎えています。受験と新型コロナ対策には共通点があると思いますが、何でしょうか?

 私の答えは「努力が真価を発揮する」です。受験でもコロナでも、運悪く落ちる、感染する、ということはある。そんな中で努力は運の要素を薄め、確実性を高めてくれます。「努力は必ず報われる」のではなく「努力で報われやすくなる」。合否や感染の有無と言ったゼロかイチかの結果だけでは、努力の真価やその過程を測ることはできません。

 感染が拡大している現在の状況では、どんなに対策をしても運悪く感染することはあります。でも愚直に手洗い・消毒・マスク着用に努めれば、不運にして感染するという「確率」自体は下げられます。

 努力して、それでも罹患りかんしてしまうのであれば、それを責めることはできません。過度の結果主義に陥らず、地道に確率を追う視点が必要です。私自身も、やっているコロナ対策は地味なものです。手洗い、体温測定、大勢での会食を避けるなどして、地道に「確率」を下げようとしています。

世代や属性に応じた情報発信を

 今、こうした行動変容の大切さが、若い世代に伝わっていないという言説を耳にします。もしかしたら、若くない世代でも「自分には伝わってない」と思う人も多くいるかもしれません。「政策上、切り捨てられた」との思いを抱えているマイノリティー(少数派)の方々も、少なからずいるでしょう。

 だからこそ私は、世代別、属性・集団別に伝え方を変えることが大切だと考えています。

 政府やマスメディアが発するメッセージが、若者向け、各属性・集団向けの“文法”になっていないことが、「伝わっていない」と感じさせる一因になっているのではないでしょうか。

 未曽有の危機ですから、政府やマスメディアはどうしても国民全体への伝達を意識した、全世代型の発信になりがちです。これは仕方がない面もある。

 ただ、情報を受容する形は世代や属性・集団ごとに異なります。どの世代も、受け取ったメッセージが理解できないと「切り捨てられた」という感覚になるでしょう。個人の手に余る危機の中で、感染拡大の責任を、特定の層に押しつけるのは避けるべきです。

 昨年、政府の「全世代型社会保障に関する広報の在り方会議」の構成員を務めた際には、多くの出席者が、そこに問題意識を持っていました。難解な情報こそ、伝える側から歩み寄る余地が多く残されているのです。

 特に若者の行動変容が危機克服のカギを握るのならば、若者の視聴環境に飛び込むことに特化した呼びかけが、もっと必要です。

ユーチューブでの対談、理想的なケース

 その意味で「第1波」の最中に、トップユーチューバーのヒカキンさんらと東京都の小池百合子知事の対談が、ユーチューブという若者が普段使うメディアで実現したことは、とても理想的なケースでした。まさに、若者が見ているところへ、若者の言葉で、ダイレクトに情報が届けられたのです。

 若者だけではなく、各世代や、個別に苦しみを抱えるマイノリティに向けても、できる限り細やかな情報発信が必要です。SNSならこの世代に向けてこのやり方でこの情報、新聞なら、テレビなら――という使い分けが、可能な限り欲しい。受け手の視点に立ち、個人の理解を最優先にした発信が今、求められています。

 私自身も、若者向けメディアとして「QuizKnock(クイズノック)」というサービスを運営しています。これまで若い世代と対話を繰り返してきた経験を基に、思考と言葉を尽くして、地道な「努力の真価」を伝えていくつもりです。

(聞き手・森田啓文)

 <略歴> いざわ・たくし 埼玉県出身。開成高校(東京)在学中の「高校生クイズ」2連覇や、クイズ番組「東大王」優勝などを誇るクイズ王として、若年層の人気を集める。教育とエンターテインメントを結びつける活動を行う「株式会社QuizKnock」を2019年に設立し、CEO(最高経営責任者)を務める。著書に「勉強大全 ひとりひとりにフィットする1からの勉強法」(KADOKAWA)など。

無断転載・複製を禁じます
1803702 0 社会 2021/01/29 05:00:00 2021/02/02 14:52:58 2021/02/02 14:52:58 伊沢拓司さん https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/01/20210128-OYT1I50057-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)