読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

踏切通った車、運転男性が線路内を歩く女性発見し通報…女性に近づくと電車が接近

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 栃木県警小山署は28日、線路内を歩いていた高齢女性を助けた小山市の男性会社員(21)に感謝状を贈った。

 小山署によると、男性は18日午後5時半頃、同市若木町のJR両毛線の踏切を車で通った際、80歳代の女性が線路内を歩いているのを発見し、110番した。

 女性に近づいたところ遮断機が下り、電車が向かってきたため、非常停止ボタンを押して電車を止めた。その後女性を保護し、署員に引き渡した。女性は使われていない線路上にいて、けがはなかった。

 松村宏政署長から感謝状を受け取った男性は「女性を保護したとき、『1回、電車をよけた。2時間くらい自宅を探していた』と言っていた。気づく人がいなかったら、大変なことになっていたかもしれない。女性が無事でよかった」と話していた。

無断転載・複製を禁じます
1804724 0 社会 2021/01/29 07:31:00 2021/01/29 09:06:48 2021/01/29 09:06:48

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)