読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

市民の9割が「住み続けたい」…緑多く・交通の便が良く・買い物に便利な東京の街

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 東京都八王子市が市民を対象に実施した世論調査で、「市に住み続けたい」と回答した人が約9割に上り、市民の間で定住志向が強いことがわかった。

 市は昨年8~9月、無作為で選んだ市内在住の18歳以上の5000人を対象にアンケートを実施した。2715人(54.3%)から回答が寄せられた。

 このうち、定住についての質問に関し、「住み続けたい」と答えた人が89.9%と、「市外へ移りたい」の8.2%を大きく上回った。住み続けたい理由は「緑が多く自然に恵まれている」(66.0%)、「交通の便が良い」(37.0%)、「買い物に便利」(31.2%)が上位を占めた。

 逆に、市外に移りたい理由については「交通の便が悪い」(43.5%)、「買い物に不便」(34.1%)、「市外に住みたいまちがある」(32.7%)が挙げられた。

 こうした結果について、市の担当者は「定住志向が強いが、市が広大なことから交通の便、買い物の利便性に格差感があることがわかる」と分析している。

無断転載・複製を禁じます
1815484 0 社会 2021/02/02 17:21:00 2021/02/02 17:38:35 2021/02/02 17:38:35

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)