読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

【独自】偽造在留カードの8割、「正規」の番号記載…国の照会サイトすり抜け

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

偽造された在留カード。「定住者」資格で「就労制限なし」と記載されている(画像は一部加工しています)
偽造された在留カード。「定住者」資格で「就労制限なし」と記載されている(画像は一部加工しています)
在留カード番号の照会サイト。偽造カードでも番号が有効だと「失効していません」と表示される(画像は一部加工しています)
在留カード番号の照会サイト。偽造カードでも番号が有効だと「失効していません」と表示される(画像は一部加工しています)

 警視庁が昨年10月に「在留カード」の偽造拠点から押収した偽造在留カードの画像約1100点のうち、約8割に国から発行された正規の番号と有効期間が記載されていたことが捜査関係者への取材でわかった。正規の番号などで国の照会サイトをすり抜け、不法就労などに悪用している可能性が高い。警視庁は、番号などが大量に流出しているとみて実態を調べている。(小池和樹、木村雄二)

 「新型コロナウイルスの影響で仕事を失い、月20万円の報酬を約束され、偽造を始めた」。昨年11月、入管難民法違反容疑で逮捕された中国人の男(27)(公判中)は警視庁の調べに、そう供述したという。

 男は東京都豊島区の自宅アパートでプリンターなどを使って在留カードを偽造し、中国人とみられる指示役から指定された客の住所にレターパックで送っていた。押収された偽造カードの画像約1100点はいずれも住所や氏名、顔写真などが別人のものに改ざんされていたが、番号と有効期間は正規に発行されたものが約8割を占めた。

 北海道警が昨年1年間に押収した偽造在留カード10枚も、すべて正規の番号と有効期間だった。東京出入国在留管理局が2019年に摘発した埼玉県川口市の偽造拠点からも、番号などが有効な偽造カードが押収された。

 捜査関係者は「偽造拠点を摘発するたびに有効な番号の偽造カードが見つかっている」と明かす。番号などの流出経路は分かっていないが、警察当局は、所有者が自身のカード情報を偽造グループに提供して報酬を得たり、雇用先などから大量流出したりしている可能性があるとみている。

残り:1099文字/全文:2062文字
読者会員限定記事です
新規登録ですぐ読む(読売新聞ご購読の方)
無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
1815270 0 社会 2021/02/02 15:00:00 2021/02/02 16:23:30 2021/02/02 16:23:30 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/02/20210202-OYT1I50043-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)