読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

「大物狙い」の磯釣り中、漂流している男性発見…とっさにルアー投げ入れ引き寄せる

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 愛媛県伊方町で昨年12月、海に転落した男性を救助したとして、松山海上保安部は、磯釣りをしていた3人に感謝状を贈った。約30メートル沖に流された男性にめがけて、釣りざおを振ってルアーを的確に投げ入れ、救助に結びつけたという。

 松山海保によると、3人は釣り仲間の県職員の男性(19)(八幡浜市)、団体職員の男性(32)(西条市)、会社員の男性(39)(松山市)。昨年12月19日午前7時頃、伊方町神崎で磯釣り中、約30メートル沖に救命胴衣を着用した50歳代の男性が漂流しているのに気づいた。

 団体職員の男性はすぐにルアーの針を外し、投げ入れた。2回目で漂流した男性の手がルアーに届いたため、釣り糸が切れないようリールをゆっくりと巻いて引き寄せた後、残る2人が男性を岩場に引っ張り上げた。

 漂流した男性は低体温症で病院に搬送されたが、命に別条はなかったという。

 釣りの道具は「10キロ超のハマチなど大物を狙うつもり」の丈夫なものだったといい、団体職員の男性は「とっさにルアーを投げるしかないと思った。助けられて本当に良かった」と話した。

 当時は風が強く、男性は釣り中に岩場で大きな波にさらわれたとみられ、松山海保は「釣りの際には救命胴衣を着用し、危ないと思ったら避難してほしい」と呼びかけている。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
1817340 0 社会 2021/02/03 14:12:00 2021/02/03 14:35:58 2021/02/03 14:35:58

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)