江戸の人々も行動変容「波が去るのをひたすら待つ」…歴史から学ぶ感染症対策

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 「江戸時代の生活は、いつも病と隣り合わせだった」。仙台市青葉区のホテルメトロポリタン仙台で4日に開かれた「読売Bizビズフォーラム東北」(主催・一般社団法人読売調査研究機構)で講演した日本文学者のロバート・キャンベルさんは、新型コロナウイルスの感染拡大が続く現代に、過去の知恵を学ぶことの意義を語った。

「第7波」の最中、新人教員300人の2泊3日研修会を予定…職員組合が市教委に抗議
オンラインで講演したロバート・キャンベルさん(4日、仙台市青葉区で)
オンラインで講演したロバート・キャンベルさん(4日、仙台市青葉区で)

 国文学研究資料館(東京都立川市)の館長を務めるキャンベルさんは、新型コロナの影響で同館に外部の人を受け入れられなくなった頃、収蔵庫で一人、思索にふける日々が続いた。それが、近代医学の確立以前に日本人が感染症とどう向き合い、社会が再生していったかを考え直すきっかけになったという。

示唆に富む話に耳を傾ける参加者ら(4日、仙台市青葉区で)
示唆に富む話に耳を傾ける参加者ら(4日、仙台市青葉区で)

 講演で紹介したのが、江戸後期に起きた天保の大飢饉ききんの頃に書かれた「豊年教種」。草を食べる際のあく抜きの方法などが記されているといい、「どうやって生き抜くかという知恵を描いた書物で、いわばサバイバルマニュアル。人間の安全を脅かすことが起きたときには知識を共有し、支え合っていたことがわかる」と語った。

 現在では幼少期からワクチンで守られ、感染症の多くを克服しているが、「(江戸時代では)はしかを例にとると、だいたい25年の間に流行が起きる。平均寿命が50歳だとすると、2回くらい。心の備えができるので、記憶から色々なことを思い出すことができる。江戸には江戸の知恵や技術がある」と指摘した。

 その一例が、客の行動。感染症が街を襲うと、ネットもテレビもないのに、人々は流行を察知し、行動を変容させた。「夜の街」も閑散としたといい、「町奉行所が営業停止を言うまでもなく客が引く。波が去るのをひたすら待つというわけです」と、過去の日本人の“自粛”行動を評価した。

 今でも、コロナ感染対策は、営業時間短縮など国民の自粛が基本になっている。「江戸時代も、それぞれの組合や業種、町の人たち、お寺を中心とする自治会のようなものが、ガイドラインを作り、その中で現場にあった課題解決を考え、自粛するという歴史的な経験があった。そんなことを、記録資料から学ぶことができる」と語った。

 宮城県大崎市で旅館などを経営する「サトー」の浅沼政幸副社長(59)は、「過去の歴史を知ることで、自分たちが歩むべき道を歩んでいきたいと思わせる講演だった」と話していた。

新型コロナ・都道府県別感染者数や最新ニュース
スクラップは会員限定です

使い方
「社会」の最新記事一覧
1822535 0 社会 2021/02/05 14:59:00 2021/02/05 15:51:22 2021/02/05 15:51:22 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/02/20210205-OYT1I50030-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)