読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

コロナ収束の願い、ちょうちんに込める

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 栃木県日光市今市の「田村屋ちょうちん店」で、4月の日光二荒山神社「弥生祭」を彩るちょうちん作りがピークを迎えている。

ちょうちんに丁寧に文字を書き込む田村さん(5日、栃木県日光市今市で)
ちょうちんに丁寧に文字を書き込む田村さん(5日、栃木県日光市今市で)

 江戸末期から続く老舗の6代目店主、田村耕作さん(57)が「火袋ひぶくろ」と呼ばれる本体部分に、伝統的な手法で文字や模様などを丁寧に書き込む。この後、雨よけの油を塗り、乾燥させる。

 ちょうちん一つを仕上げるのに約2週間。根気のいる作業は3月まで続くが、田村さんは「新型コロナウイルスの収束、五穀豊穣ほうじょうの願いを込めた」と製作に打ち込んでいる。

無断転載・複製を禁じます
1825518 0 社会 2021/02/07 09:31:00 2021/02/07 09:31:00 2021/02/07 09:31:00 ちょうちんに丁寧に文字を書き込む田村さん(5日、日光市今市で) https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/02/20210206-OYT1I50024-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)