読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

箱根登山鉄道の古参「モハ2形109号」3月引退へ…コロナでイベントは無し

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

3月で引退するモハ2形109号(箱根登山鉄道提供)
3月で引退するモハ2形109号(箱根登山鉄道提供)

 箱根の山坂を往復する箱根登山鉄道の古参列車「モハ2形109号」が、3月21日の運行を最後に引退する。前身の車両は1927年の登場で、レトロ感あふれる外観などで観光客や鉄道ファンに人気だった。

 同社によると、デビュー当時は木造車両だったが、その後、車体の鋼製化、駆動装置の改造などが行われた。オレンジ色の車体は、先輩格の「モハ1形」とともに「箱根登山鉄道の顔」と言われ、旅行雑誌や箱根の観光パンフレットを飾った。

 箱根湯本―強羅駅間の開業100周年の2019年、109号は車体を往年の緑色に塗り替えた。同年秋の台風19号では同区間が約9か月不通になり、20年7月の再開通の祝賀イベントでは、待ちかねた町民らの前を疾駆した。

 モハ2形は現在2両あるが、109号は車両更新のため引退する。残る同僚の108号と、前身は1919年の開業時に登場したモハ1形は現役で活躍する。

 引退にあたり、109号は2月13日から最終日まで「ラストラン」の方向板を掲示する。同社は「新型コロナの影響もあり、にぎやかな引退イベントはできない。そっとお別れしてほしい」としている。

無断転載・複製を禁じます
1826903 0 社会 2021/02/08 08:40:00 2021/02/08 08:40:00 2021/02/08 08:40:00 3月で引退するモハ2形109号(箱根登山鉄道提供) https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/02/20210206-OYT1I50083-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)