読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

春の香りに誘われメジロ飛来、「花の寺」で淡紅梅が見頃

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 「花の寺」として知られる福岡県宗像市の鎮国寺で淡紅梅が見頃になり、参拝客らが一足早い春の雰囲気を楽しんでいる=写真、浦上太介撮影=。

 淡紅梅は、八重咲きの花が特徴的で、境内で約20本植えられている。花の蜜を求めてメジロなどの野鳥も飛来している。2月半ば頃まで楽しめるという。

 立部たてべ祐道ゆうどう名誉住職(80)は「境内には梅以外にも四季折々の花が咲きます。コロナが落ち着いてから、ゆっくり花を見に来るのもいいですよ」と話している。

無断転載・複製を禁じます
1825730 0 社会 2021/02/07 14:13:00 2021/02/07 16:13:55 2021/02/07 16:13:55 満開になり見頃を迎えている淡紅梅(6日午後4時27分、福岡県宗像市の鎮国寺で)=浦上太介撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/02/20210207-OYT1I50018-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)