読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

殺処分対象は県内飼育数の3割、森田知事「まさに緊急事態」…千葉で今季7例目鳥インフル

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

千葉県庁
千葉県庁

 千葉県は7日、同県多古町の養鶏場で飼育中の鶏が死んでいるのが見つかり、高病原性の疑いがある鳥インフルエンザウイルス(H5亜型)が確認されたと発表した。同県での確認は今季7例目で、県はこの養鶏場の約115万羽を殺処分する。県は自衛隊に災害派遣を要請した。

 発表によると、6日午前、6棟ある鶏舎のうち1棟で、同じケージに入っていた10羽のうち6羽が死んでいるのが発見された。遺伝子検査の結果、鳥インフルエンザと確認された。

 同県は、採卵鶏の飼育数が全国2位で、この養鶏場は全国でも有数の規模。昨年末から相次ぐ感染確認で、殺処分の対象となった鶏は、県内の飼育数の約3割に上る。同県の森田健作知事は「過去に例を見ない、まさに緊急事態だ」と述べた。

無断転載・複製を禁じます
1825607 0 社会 2021/02/07 11:24:00 2021/02/07 12:52:47 2021/02/07 12:52:47 千葉県庁。千葉市中央区で。2020年11月9日撮影。 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/02/20210207-OYT1I50022-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)