読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

「納豆の水戸」購入額が全国5位にダウン、トップ3独占の地方は…

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 2020年の1世帯当たりの納豆購入額で、水戸市は全国5位となり、前年の2位から順位を落とした。5日発表された総務省家計調査でわかった。

 全国の県庁所在地と政令指定都市の計52自治体を対象にした調査で、水戸市は1世帯あたり6061円。2位だった前年から586円減少した。1位は2年連続で福島市(1世帯あたり7251円)、2位は山形市(同6543円)、3位は盛岡市(同6460円)、4位は仙台市(同6228円)と続き、水戸市は16年以来の首位奪還はかなわなかった。

 結果について、水戸商工会議所の大久保博之会頭は「大変残念。『納豆といえば水戸』という認知度は今も高く、引き続き消費拡大に取り組む」とのコメントを発表。水戸市の高橋靖市長も「残念だが、納豆の市場規模は年々拡大傾向だ。特産品が全国で愛されていることは喜ばしく、水戸の存在感を示していけるように広くPRしたい」と話した。

無断転載・複製を禁じます
1826854 0 社会 2021/02/08 06:33:00 2021/02/08 09:29:55 2021/02/08 09:29:55

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)