読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

児童生徒の感染、6割が家庭内…「ほぼ全員無症状」

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 埼玉県教育委員会がまとめた、さいたま市を除く県内62市町村の公立学校での新型コロナウイルス感染状況によると、約3か月にわたった臨時休校が明けた後の昨年6月22日から今年1月15日までに感染した児童・生徒と教職員は計885人に上った。このうち68・7%にあたる608人は、県内で感染拡大の「第3波」に入っていた昨年12月以降の感染だった。県教育局の担当者は「感染拡大の原因をしっかりと分析し、今後の防止策に生かしたい」としている。

 感染した児童・生徒の内訳は、小学生286人、中学生209人、高校生281人、特別支援学校15人、教職員94人。このうち昨年12月に感染した児童・生徒や教職員は計333人、1月前半では計275人だった。

 第3波で県は一斉休校を実施しなかったが、昨年12月の冬休み開始時から県立高校で部活動を原則、中止とした。また、2度目となる緊急事態宣言が発令されたのを受けて、今年1月からは、小中学校も含めた公立学校で、感染リスクが高い合唱、調理実習などの授業を中止するなどの対策を求めている。

 このため、感染経路別でみると、今年に入って学校内での感染は大きく減少し、家庭内感染の割合が増加している。昨年12月では学校内が35・2%、家庭内が37・5%だったが、今年1月は学校内は4・6%にとどまり、家庭内が60・8%となった。

 ただ、高齢者などと比べて、児童・生徒ら若年者は感染しても無症状である場合が多く、感染拡大の対策が難しいとされる。ある市教委の幹部は「対策を徹底している学校でも検査の結果、感染が拡大したが、ほぼ全員が無症状だった。感染した児童・生徒に自覚がないため、学校を休校しない中で、どのように対策をとっていったらいいのかわからない」と話している。

無断転載・複製を禁じます
1827090 0 社会 2021/02/08 10:18:00 2021/02/08 10:18:00 2021/02/08 10:18:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)