読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

生活困窮者支援へホテル7室借り上げ、市のPR不足で利用1人だけ

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 さいたま市が年末年始に、新型コロナウイルスの影響で生活に困窮した人の支援のためにホテル計7室を借り上げたにもかかわらず、PR不足から、利用が1人だけだったことがわかった。8日の市議会定例会の代表質問で、高橋篤副市長は「周知が遅くなったことは反省すべき点」と述べた。

 年末年始の生活困難者らへの支援については、厚生労働省が昨年11月24日、年末年始の対応窓口の開設などを求める通知を発出。市は同27日に、通知に基づきホテル5室を昨年12月21日~1月18日に借り上げることを決めた。

 しかし、年末年始の相談などに対応する職員の調整に時間がかかったため、市は昨年12月26日になってようやく、生活困窮者の宿泊所を用意していることをホームページとツイッターに掲載した。市はその後、さらに2室を借り上げたが、結局、利用したのは1月1日からの3泊4日で宿泊した1人だけだったという。

無断転載・複製を禁じます
1830991 0 社会 2021/02/09 17:44:00 2021/02/09 19:46:31 2021/02/09 19:46:31

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)