読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

貨物船と衝突の海自潜水艦、潜舵の右舷側が激しく損傷…海保が船体調査

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 高知県・足摺岬沖で海上自衛隊の潜水艦「そうりゅう」(排水量2950トン)と民間の貨物船が衝突した事故で、第5管区海上保安本部(神戸市)は9日朝、そうりゅうの船体の調査を始めた。

貨物船と衝突し、艦橋右舷のかじなどが破損した海自潜水艦「そうりゅう」(9日午前8時14分、高知新港沖で、読売ヘリから)=近藤誠撮影
貨物船と衝突し、艦橋右舷のかじなどが破損した海自潜水艦「そうりゅう」(9日午前8時14分、高知新港沖で、読売ヘリから)=近藤誠撮影

 高知市の高知新港沖に着いたそうりゅうは、潜行や浮上時に用いる艦橋左右の「潜舵せんだ」と呼ばれるかじのうち、右舷側が激しく損傷。午前7時頃、高知海上保安部の巡視船がそうりゅうの周囲を航行して外観を確認後、海上保安官が艦内に入った。

 5管は、業務上過失往来危険容疑も視野に事故原因を調べる。

無断転載・複製を禁じます
1829696 0 社会 2021/02/09 11:50:00 2021/02/09 13:47:52 2021/02/09 13:47:52 貨物船と衝突し、艦橋右舷のかじなどが破損した海自潜水艦「そうりゅう」(9日午前8時14分、高知市の高知港沖で、本社ヘリから)=近藤誠撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/02/20210209-OYT1I50041-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)