読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

衝突した海自の潜水艦、浮上時のソナー確認が不十分だった可能性

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 海上自衛隊の潜水艦「そうりゅう」(排水量2950トン)と民間貨物船の衝突事故で、そうりゅうが浮上時に水中音波探知機(ソナー)で行う他船舶の確認が不十分だったことが、防衛省関係者への取材でわかった。現場の潮流や乗組員の練度不足などが影響している可能性があり、同省は事故調査委員会のメンバーを現地に派遣し、原因究明を進める。

 防衛省関係者によると、潜水艦は浮上する際、ソナーで付近を航行中の船舶などを把握し、海面近くに達すると、潜望鏡を海上に出して目視でも周囲を確認する。今回の事故では、潜望鏡での確認時に貨物船を発見したが、すでに衝突を回避できないほど距離が接近していた。海自幹部によると、現場付近の潮流は複雑で、こうした海域では音波が屈折し、ソナーによる探知が困難な場合があるという。

 事故時、そうりゅうは定期検査後の訓練中だった。検査中は約60人の乗組員も長期間、海上での任務から離れており、訓練は練度回復などを目的としていたが、ソナーでの確認手順が不十分だった可能性がある。

 防衛省は8日、海上幕僚監部内に事故調査委員会を設置。岸防衛相は9日の閣議後記者会見で「浮上の際の安全手順の確認を再度徹底する」と語った。

海自潜水艦と衝突したとみられる貨物船「オーシャンアルテミス」(9日午前10時34分、徳島県沖で、読売ヘリから)=近藤誠撮影
海自潜水艦と衝突したとみられる貨物船「オーシャンアルテミス」(9日午前10時34分、徳島県沖で、読売ヘリから)=近藤誠撮影

 一方、そうりゅうと衝突したとみられる香港船籍の貨物船「オーシャンアルテミス」(約5万トン)は9日午前、徳島県沖を航行中。船舶の運航情報を公開するサイト「マリントラフィック」によると、岡山県倉敷市の水島港を目的地としている。

無断転載・複製を禁じます
1829879 0 社会 2021/02/09 12:49:00 2021/02/09 13:29:47 2021/02/09 13:29:47 海自潜水艦と衝突した貨物船「オーシャンアルテミス」(9日午前10時34分、徳島県沖で、本社ヘリから)=近藤誠撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/02/20210209-OYT1I50045-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)