高校生3割「うつ症状」、コロナ禍「子供の不安やストレス深刻化」

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 国立成育医療研究センター(東京)が、新型コロナウイルスの感染が拡大した昨年11~12月、小中高校生のストレスを調べたところ、調査対象となった300人超の高校生の3割に「うつ症状」が見られたことが分かった。こうした症状の分析は初めてで、同センターは「コロナ禍で子供の不安やストレスが深刻化している」と指摘している。

北京市トップ、ゼロコロナ「今後5年堅持」と発言か…SNS上で猛反発が起き報道修正

 調査はインターネットで実施。小学4年生から高校生の計715人が「食欲がなく体重が減る」「寝付きが悪い」など9項目について、「ほとんど毎日」から「全くない」までの4段階で回答した。中等度から重度の「うつ症状」と判定されたのは169人で24%を占めた。学年が上がると症状が増え、高校生344人のうち、30%(103人)が該当した。

 また全体の16%(114人)が髪の毛を抜くなどの自傷行為をしたと回答。同センターは「『悩みを誰かに話す』など、ストレス解消法が分からない子供が多い。周囲や保護者がSOSに気付き、受けとめてほしい」と呼びかける。

 具体的な不安などを聞くと、臨時休校終了後、学習の遅れを取り戻すために宿題が増えたという悩みや、「感染対策の意識が人によって違い、電車通学が怖い」(中1女子)などという声が寄せられた。

新型コロナ・都道府県別感染者数や最新ニュース
スクラップは会員限定です

使い方
「社会」の最新記事一覧
1836101 0 社会 2021/02/11 19:54:00 2021/02/11 21:55:50 2021/02/11 21:55:50

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)