読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

補助金1千万円、一般病院がコロナ回復患者受け入れ…地域の入院待ちゼロに

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 新型コロナウイルス感染症の病床が逼迫ひっぱくする中、東京都墨田区では1月28日以降、入院待機者ゼロの日が続く。その3日前の25日に導入した転院調整の仕組みが機能し始めているとみられる。

東京都済生会向島病院で入院患者のケアをする看護師(1月29日、東京都墨田区で)
東京都済生会向島病院で入院患者のケアをする看護師(1月29日、東京都墨田区で)

 「第3波」の感染拡大では、区内のコロナ病床も逼迫。感染症指定医療機関・都立墨東病院の重症病床には症状が改善した患者もいたが、転院先が見つからず、新たな重症者を受け入れられなかった。一方、軽症・中等症の病院では、患者が重症化しても墨東病院に運べないため、重症化リスクの高い患者の受け入れに二の足を踏む状態だった。

 区保健所が目をつけたのは、余裕のあった一般病院の病床。「ここに感染性の低くなった回復患者を転院させれば、コロナ病床が空く」(西塚至所長)。

 そこで保健所は、墨東病院の回復患者を区内の7病院が受け入れる体制を整えた。うち4病院はコロナ病床のない一般病院だ。区は7病院に1年間、2床以上の確保を求める代わりに各1000万円を補助する。

 この仕組みによって病床が回転するようになり、毎日10人超いた入院待機者がゼロになった。

残り:1059文字/全文:1658文字
読者会員限定記事です
新規登録ですぐ読む(読売新聞ご購読の方)
無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
1836713 0 社会 2021/02/12 05:00:00 2021/02/12 09:14:49 2021/02/12 09:14:49 新型コロナウイルスの感染力を持たない患者を看護する看護師(右)(29日午前10時32分、東京都墨田区で)=守谷遼平撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/02/20210212-OYT1I50011-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)