読売新聞オンライン

メニュー

給食のカットリンゴに金属片、中1男子が食べようとして気づく

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 島根県大田市教育委員会は10日、市立第一中学校(生徒数450人)で出された給食のリンゴに、金属の異物が混入していたと発表した。健康被害の報告はないという。

 見つかったのは長さ3ミリ、太さ0・5ミリのアルミニウムとみられる金属片。8分の1にカットされたリンゴを食べようとした1年の男子生徒が、表面に金属片が付いているのに気づき、食べずに担任に申し出た。

 市学校給食センターは同日、市内26か所に計2855人分の給食を提供したが、ほかに異常の報告はないという。同教委などは混入の原因を調査している。

無断転載・複製を禁じます
1837697 0 社会 2021/02/12 12:42:00 2021/02/12 12:42:00 2021/02/12 12:42:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)