読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

「踏みにじられた」世界遺産への参拝道、電子レンジやソファが散乱

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

仁和寺境内の参拝道付近に散乱する家電などのごみ(京都市右京区で)
仁和寺境内の参拝道付近に散乱する家電などのごみ(京都市右京区で)

 世界遺産・仁和寺(京都市右京区)の境内にある霊場に、大型家電や家具などが大量に不法投棄されている。僧侶や地元住民らが撤去しても、次々と捨てられる状況が長年続いている。「このままでは信仰の場が台無しだ」。住民らは近く、投棄場所に監視カメラを設置し、警察に通報する構えだ。

 不法投棄されているのは、寺の北側の成就山(標高236メートル)にある御室八十八か所霊場。約3キロの参拝道にお堂(札所)があり、本尊の弘法大師もまつられている。

 参拝道は江戸時代後期、四国八十八か所霊場を巡拝できない民衆のために、各霊場の砂を持ち帰って作られた。「お遍路さん」と同じ御利益が得られるとして、毎日多くの人が入山するが、プラスチックごみのほか、電子レンジやソファ、車のタイヤなども散乱する。

 参拝道脇は斜面になっており、10メートルほど上には市道が通る。車で来た人が、市道からごみを投げ捨て、それらが参拝道付近まで転がってきているという。

 「ここはごみ箱ではない。『誰にも見つからない』と思ってやってるのだろうが、信仰を踏みにじられた気持ちです」。仁和寺管財課の岩崎智大さん(25)は、ため息をつく。

 ボランティアの地元住民と寺の僧侶が月に一度、参拝道付近を清掃しているが、大型ごみなどは山から運び出すのも困難だという。

 住民には憩いの場でもあり、毎日参拝する人もいる。宇多野自治会連合会は以前から、住民らが付近を定期的に巡回。しかし、夜間に捨てられるケースが多いとみられ、日中の巡回では限界があるという。

 連合会は、3月末までに監視カメラを市道脇に設置。夜間でも映る赤外線式で、新たな不法投棄があれば映像を確認し、悪質なケースは警察に捜査を求める。

 同連合会の折居弘一会長(76)は「仁和寺は地元の誇り。汚されるのは腹立たしい。世界遺産を美しい状態で残したい」と話す。

 ◆仁和寺=真言宗御室派の総本山で、888年に宇多天皇が創建。応仁の乱では伽藍(がらん)が焼失するなどしたが、江戸時代に再興した。1994年に「古都京都の文化財」として清水寺や二条城などとともに世界遺産に登録された。桜の名所としても知られ、「御室桜」は4月中旬に見頃を迎える。

無断転載・複製を禁じます
1840491 0 社会 2021/02/13 21:19:00 2021/02/13 22:04:07 2021/02/13 22:04:07 仁和寺の境内に散乱する不法投棄のゴミ(右京区で) https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/02/20210213-OYT1I50056-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)