読売新聞オンライン

メニュー

福島中通り・浜通りと宮城南部で震度6強…M7・3、東日本大震災の余震か

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

常磐自動車道の土砂崩れ現場(14日午前7時17分、福島県相馬市で、読売機から)=三浦邦彦撮影
常磐自動車道の土砂崩れ現場(14日午前7時17分、福島県相馬市で、読売機から)=三浦邦彦撮影

 13日午後11時7分頃、福島県沖を震源とする地震が発生、同県相馬市、新地町、国見町、宮城県蔵王町で震度6強の激しい揺れを観測したほか、両県の広い範囲で震度6弱を記録した。気象庁によると、震源の深さは約55キロで、地震の規模を示すマグニチュードは7・3と推定される。読売新聞のまとめでは、14日午前1時現在、宮城県で10人、福島県で12人、群馬県で1人の計23人がけがをしている。政府は首相官邸の危機管理センターに官邸対策室を設置した。

福島市の中心街では、道路沿いのショーケースが割れ、ガラス片が散乱していた。(13日午後11時43分、福島市本町で)
福島市の中心街では、道路沿いのショーケースが割れ、ガラス片が散乱していた。(13日午後11時43分、福島市本町で)

 気象庁によると、北海道から中国地方にかけて広い範囲で震度1以上の地震を観測した。震源の場所などから、2011年3月の東日本大震災の余震とみられる。若干の海面変動の可能性はあるが、津波の被害の心配はないという。

 同庁は、揺れが強かった地域で今後、1週間程度は最大震度6強程度の強い地震が起きる可能性があるとして注意を呼びかけている。

 総務省消防庁によると、各地で多数の119番があり、建物倒壊や火災の通報が入っている。宮城県山元町と福島県新地町の県境付近の常磐自動車道では土砂崩れが発生し、車が巻き込まれたとの情報がある。

 原子力規制委員会によると、東京電力福島第一原発と福島第二原発、東北電力女川原発でトラブルは起きていない。

 JR東日本によると、停電のため地震発生直後から、東北新幹線と山形新幹線、北陸新幹線と上越新幹線の一部区間で一時運転を見合わせた。東北地方や首都圏の在来線でも、運転見合わせや遅れが出た。

 日本道路交通情報センターによると、宮城県や福島県を通る東北道や常磐道などの広い範囲で通行止めとなっている。

 

 各地の主な震度は次の通り。

▽震度6強 宮城県蔵王町、福島県相馬市、国見町、新地町

▽震度6弱 宮城県石巻市、岩沼市、登米市、川崎町、亘理町、山元町、福島市、福島県郡山市、須賀川市、南相馬市、伊達市、本宮市、桑折町、川俣町、天栄村、広野町、楢葉町、川内村、大熊町、双葉町、浪江町

▽震度5強 仙台市青葉区、仙台市宮城野区、仙台市若林区、宮城県塩釜市、白石市、名取市、角田市、栗原市、東松島市、大崎市、大河原町、村田町、柴田町、丸森町、松島町、七ヶ浜町、利府町、大郷町、大衡村、涌谷町、美里町、福島県いわき市、白河市、二本松市、田村市、大玉村、鏡石町、猪苗代町、泉崎村、中島村、矢吹町、玉川村、浅川町、小野町、富岡町、葛尾村、飯舘村、栃木県高根沢町、那須町

▽震度5弱 仙台市太白区、仙台市泉区、宮城県多賀城市、富谷市、大和町、色麻町、加美町、福島県湯川村、会津美里町、西郷村、棚倉町、矢祭町、石川町、平田村、古殿町、三春町、栃木県大田原市、那須烏山市、那珂川町、岩手県一関市、矢巾町、山形県米沢市、上山市、中山町、白鷹町、茨城県日立市、土浦市、常陸太田市、笠間市、常陸大宮市、那珂市、筑西市、鉾田市、城里町、東海村、埼玉県加須市

無断転載・複製を禁じます
1840875 0 社会 2021/02/13 23:19:00 2021/02/14 09:04:00 2021/02/14 09:04:00 土砂崩れが発生した常磐自動車道の現場(14日午前7時17分、福島県相馬市で、本社機から)=三浦邦彦撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/02/20210214-OYT1I50018-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)