仙台では「突き上げるような揺れ」から激しい横揺れに、震度6強の福島では照明のカバー落下

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 13日午後11時8分頃、福島県沖を震源とする地震があり、宮城県南部、福島県中通り、同県浜通りで震度6強を観測した。

 気象庁によると、震源の深さは約60キロで、地震の規模を示すマグニチュードは7・1と推定される。

 気象庁や各地の警察が、被害状況の確認を進めている。

■福島

 震度6弱を観測した福島市は激しい揺れが続いた。市内のマンション2階に住む記者の自宅も机の上のポットが落ちたり、照明器具のカバーが落ちたりした。

■宮城

地震の発生を知らせる電光掲示板(13日午後11時38分、仙台市青葉区で)=武藤要撮影
地震の発生を知らせる電光掲示板(13日午後11時38分、仙台市青葉区で)=武藤要撮影

 仙台市青葉区の読売新聞東北総局では、突き上げるような揺れの後、激しい横揺れがしばらくの間、続いた。総局内の液晶テレビのモニターが激しく揺れ、本棚からは本や資料が床に落下した。仙台駅前の幹線道路は13日午後11時半前、車が行き交い、混乱は見られない。

 仙台市青葉区のアーケード商店街では地面が激しく揺れ、スマートフォンの緊急地震速報を慌てて見る人たちが見られた。同市にいた男性記者は「最初、小さな縦揺れから大きな縦揺れになり、緊急地震速報の音が鳴り響き驚いた」と語った。

 仙台市青葉区の中心街ではビルの警報が鳴り響いた。街を歩く人たちは「地震の警報でしょうか」と不安そうに話していた。

スクラップは会員限定です

使い方
「社会」の最新記事一覧
1840921 0 社会 2021/02/13 23:49:00 2021/02/14 02:36:12 2021/02/14 02:36:12 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/02/20210213-OYT1I50077-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)