読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

福島県沿岸部中心に警報級大雨の恐れ…昼過ぎから夕方にピーク

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 福島地方気象台は14日、福島県沿岸部を中心に15日から16日にかけて、広い範囲で警報級の大雨になる恐れがあると発表した。同県の浜通りと中通りでは、15日昼過ぎから夕方にかけてピークとなり、1時間30ミリの雨が予想されている。夕方以降は暴風も見込まれる。地震による地盤の緩みで土砂災害も懸念され、同気象台が警戒を促している。

15日からの荒天に備え、地震の影響で剥がれ落ちた屋根瓦をブルーシートで補修する住民ら(14日午後1時40分、福島県新地町で)=関口寛人撮影
15日からの荒天に備え、地震の影響で剥がれ落ちた屋根瓦をブルーシートで補修する住民ら(14日午後1時40分、福島県新地町で)=関口寛人撮影

 福島県の内堀雅雄知事は14日夕方に県庁で開いた県災害対策本部会議で、「気象情報をしっかり把握し、場合によっては早めの避難行動をお願いしたい」と県民に呼びかけた。

無断転載・複製を禁じます
1842057 0 社会 2021/02/14 18:17:00 2021/02/15 05:29:19 2021/02/15 05:29:19 明日からの荒天に備え、地震の影響で剥がれ落ちた屋根瓦をブルーシートで補修する住民ら(14日午後1時40分、福島県新地町で)=関口寛人撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/02/20210214-OYT1I50056-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)