読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

のり面崩落の常磐道、4日ぶりに通行止め解除…福島県内の公立校すべて再開

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 福島、宮城両県で震度6強を観測した地震で、のり面が崩落し、通行止めとなっていた常磐自動車道の相馬インターチェンジ(IC)―新地IC間は17日夜、復旧作業が終了し、4日ぶりに通行止めが解除された。

 常磐道は、福島県相馬市の相馬IC付近で下り線ののり面が約70メートルにわたって崩れ、道がふさがれた。東日本高速道路は土砂を撤去し、のり面は応急的に補強した。本格的な補修の方法や時期は今後検討する。

 千葉県から岩手県釜石市へ、震災復興のための機材を運ぶトラック運転手(62)は、現場手前のサービスエリアで解除を待ち、「思ったよりも早く、ほっとした。常磐道を通れないとかなり遠回りになる。助かった」と安堵あんどの表情で話した。

 一方、福島県内では地震で公立学校50校が臨時休校となったが、17日までにすべて再開した。同日午前9時時点の総務省消防庁の集計によると、地震による負傷者は福島、宮城など10県で計173人。住宅被害は福島、宮城、山形の3県で計1997棟となっている。

無断転載・複製を禁じます
1849622 0 社会 2021/02/17 19:50:00 2021/02/17 21:50:25 2021/02/17 21:50:25

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)