読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

【独自】愛知リコール署名、佐賀で大量偽造か…「名前を書き写すだけ」バイト募集

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 愛知県の大村秀章知事のリコール(解職請求)運動で不正が疑われる署名が大量に見つかった問題で、アルバイトで署名をしたという福岡県内の40歳代の男性が17日、読売新聞の取材に応じ、署名簿に名前を書き写す作業の詳細を証言した。

100人近くで書き写し

 愛知県選管の調査では、計約43万5000人分の署名のうち8割超が、偽造など不正が疑われるものだったことが判明。県選管は、地方自治法違反容疑で県警に刑事告発している。

 署名活動を担った団体の田中孝博事務局長は16日の記者会見で、名簿の一部が愛知県内ではなく、九州で作られていたことを明らかにしている。

 読売新聞の取材に応じた男性は昨年10月、人材派遣会社のサイトで「名前を書き写すだけ」などとする募集の告知を見つけて応募。時給は950円で、佐賀市の指定された会場に出向くと、100人近い人がいた。名古屋市内の会社から来たというスタッフから「愛知県民の許可を得ている。丁寧に署名簿に書き写してください」との説明があり、作業内容を口外しないことやSNSなどで発信しないとする誓約書の提出も求められたという。

 作業は、愛知県民の住所や氏名、生年月日が書かれたリストをリコールの署名簿に書き写すもので、男性は4日間参加。署名簿は、リコール運動を主導した美容外科医の高須克弥氏や、署名を呼びかけた河村たかし名古屋市長の写真が印刷され、「大村知事のリコールを求める」などと書かれていた。男性は「署名が書けない人のためにやっているのだと思った」と語った。

 署名活動団体の田中事務局長は、偽造などが疑われている署名について「事務局からの指示や依頼は絶対にない」と説明している。偽造に関与したとみられる下請け会社の幹部は、「親会社に当たる広告関連会社からリコール運動のはがき約350万枚の配布を依頼されたが、署名の書き写しは全く知らなかった」、広告関連会社は「代表が不在で何も答えられない」としている。

無断転載・複製を禁じます
1850440 0 社会 2021/02/18 05:00:00 2021/02/18 08:54:01 2021/02/18 08:54:01 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/02/20210218-OYT1I50000-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)