読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

世界で猛威の「Emotet」に感染した端末情報2万6000件、海外捜査当局から提供

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 警察庁は19日、世界中で猛威をふるったコンピューターウイルス「Emotet(エモテット)」について、感染した端末に関する情報約2万6000件が海外の捜査当局から寄せられたと発表した。今後、インターネット接続業者を通じて端末利用者にウイルスの削除を呼びかける。

 エモテットは、ウソの請求書などをメールで送りつけ、感染した端末から情報を抜き取ったり、同様の偽メールを発信したりする。2014年頃から拡散が始まり、世界中で被害が相次いだが、欧州警察機構(ユーロポール)が先月、欧米各国の共同捜査で攻撃側のネットワークを破壊し、制圧したと発表していた。

 国内では19年秋頃から被害が拡大。昨年は新型コロナウイルスの注意喚起を装う手口なども確認され、日本医師会や京セラが被害を公表していた。今回、海外捜査当局から提供された情報は、感染した端末のIPアドレス(ネット上の住所)で、利用者の特定が可能とみられている。

無断転載・複製を禁じます
1853737 0 社会 2021/02/19 10:52:00 2021/02/19 12:49:45 2021/02/19 12:49:45

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)