読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

ワクチン輸入第2便、21日に到着予定…23万人分

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 河野行政・規制改革相は19日の記者会見で、欧州連合(EU)からの新型コロナウイルスワクチンの輸入第2便が21日に到着すると発表した。数量は7万5465瓶で、1瓶から6回分採取できる場合には約45万回(約23万人)分となる。

 これで第1便と合わせ、計約84万回(約42万人)分の確保のメドが付いた。医療従事者約4万人を対象とした先行接種は17日に始まっている。政府はこれまでに確保した分をその他の医療従事者らの接種にも充てる予定だ。

 その他の医療従事者らには、救急隊員や自衛隊員、薬剤師、保健所職員なども含まれる。河野氏は18日のTBS番組で、これらの対象人数が当初推計していた約370万人から約100万人増えるとの見通しを示した。地域によっては、4月から始まる65歳以上の高齢者(約3600万人)への接種と日程が重なることになりそうだ。

 一方、政府は19日、ワクチン接種情報を個人単位で管理するシステムの開発について、新興のIT企業「ミラポ」(東京都)と契約を結んだと発表した。契約額は約3億8500万円。

無断転載・複製を禁じます
1855143 0 社会 2021/02/19 19:02:00 2021/02/19 19:18:21 2021/02/19 19:18:21

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)