読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

煙突解体現場から40m下に作業員が転落・死亡…昨夏にも作業監督者が転落死

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 20日午前8時5分頃、佐賀県唐津市二タ子の九州電力旧唐津発電所の煙突解体作業現場で、同市菜畑の作業員野添恭平さん(36)が煙突外側に設置されている歩廊部分から約40メートル下の地面に転落し、頭を強く打って搬送先の病院で死亡が確認された。

 唐津署や九電によると、当時、野添さんを含む請負会社の3人で作業を行っていた。作業に必要なため、歩廊の床に長方形の穴(130センチ、70センチ)が開けられていたという。同署は穴から落ちたとみて、転落防止措置について調べている。

 旧唐津発電所では、昨年7月にも、解体作業を監督していた九電社員が転落死している。

無断転載・複製を禁じます
1858056 0 社会 2021/02/21 15:03:00 2021/02/21 17:35:41 2021/02/21 17:35:41

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)