読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

同室患者にボールペンで首刺され男性死亡、遺族の賠償請求棄却

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 佐賀市内の病院で2014年、入院中に同室の患者から暴行を受けて死亡した男性(当時61歳)の遺族が、患者の措置入院を決定した佐賀県を相手取り、計約3270万円の損害賠償を求めた訴訟の判決が19日、佐賀地裁であった。達野ゆき裁判長は原告の請求を棄却した。

 判決によると、男性は14年9月、患者に殴られたりボールペンで首を刺されたりし、出血性ショックで死亡した。患者がその約1年前にも別の人に同様の暴力行為をしており、医師の予見可能性の有無が争点となったが、達野裁判長は「男性と同室になって以降、暴力に発展するような言動は見られなかった。医師が具体的な危険を把握できたとは思えない」とした。

 患者は殺人未遂容疑で佐賀県警に逮捕され、佐賀地検は同10月に不起訴とした。

無断転載・複製を禁じます
1861773 0 社会 2021/02/23 11:21:00 2021/02/23 13:16:16 2021/02/23 13:16:16

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)