読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

「4月まではワクチン供給に限り」河野行革相、高齢者の接種に遅れに言及

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 河野行政・規制改革相は21日のNHK番組で、新型コロナウイルスワクチンについて「4月までは非常に供給量が限られてくる」と述べ、4月開始を予定する65歳以上の高齢者への接種は段階的に拡大していく方針を示した。週内に新たな接種計画を示す考えも明らかにした。

 河野氏は、米製薬大手ファイザー社による供給量の増加が5月以降になることや、高齢者に先立って接種を受ける医療従事者らが予定より約100万人増えたことを挙げ、「高齢者分が後ろへずれる。4月中に少しずつ始めてゆっくり拡大していきたい」と語った。

 政府は、これまで高齢者への接種期間の目安を「2か月と3週間」としてきた。河野氏は「大都市は恐らくそのようにはいかない」と述べ、一般の国民への接種日程にも波及する可能性に言及した。

 ファイザー社によると、21日の第2便で成田空港に届いたワクチンは、7万5465瓶で、1瓶から6回分採取した場合、約45万回(約23万人)分となる。12日の第1便と合わせて、計約84万回(約42万人)分が到着したことになる。

無断転載・複製を禁じます
1858207 0 社会 2021/02/21 18:45:00 2021/02/21 19:17:46 2021/02/21 19:17:46

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)