読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

語学研修の12人犠牲、富山の専門学校で黙とう…NZ地震10年

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 日本人28人を含む185人が死亡したニュージーランド・クライストチャーチ地震から、22日で10年となった。語学研修中の学生12人が亡くなった富山市立富山外国語専門学校(富山市大手町)では「追悼の集い」が開かれ、遺族らが犠牲者の冥福めいふくを祈った。

追悼の集いで献花する金丸さん夫妻(中央)(22日、富山市立富山外国語専門学校で)
追悼の集いで献花する金丸さん夫妻(中央)(22日、富山市立富山外国語専門学校で)

 発生時刻の午前8時51分(日本時間)に遺族や在校生ら約100人が黙とうをささげ、献花した。

 長女のめぐみさん(当時19歳)を亡くした富山市の堀田和夫さん(66)は今年、新型コロナウイルスで入国が規制され、現地の追悼集会への出席を断念。式後、「10年前に戻される感覚になった。現地に行けなかったが、どこにいようとも娘を思い出し、つらく、悲しい」と話した。

「またどこかで会えないかな」娘が犠牲の男性

「佳世の誕生日が近づくと心が重くなる」と話す金丸さん(9日、富山県高岡市の自宅で)
「佳世の誕生日が近づくと心が重くなる」と話す金丸さん(9日、富山県高岡市の自宅で)

 「10年たっても佳世のことを思わない日はない。誕生月でもある2月は毎年、心が重くなる」

 語学研修中に6階建てのビルが倒壊して亡くなった富山県高岡市の金丸佳世さん(当時19歳)の父、直弘さん(62)は、涙を浮かべながら語った。

 佳世さんは高校時代、プロバスケットボール・富山グラウジーズのダンスチームに所属。オーディションに合格し、自宅の部屋から飛び出してきて喜んでいた娘の姿が忘れられない。

 車で練習場所や試合会場に送り届ける際に、よく将来の夢を語ってくれた。語学力を生かした仕事にあこがれており、「毎日晩酌する私に休肝日を作ってくれる孝行娘だった」。

 昨年2月、訪日した現地のリアン・ダルジール市長と面会。市長は倒壊したビルの建築を許可したことを初めて謝罪した。「胸のつかえが取れた」という。

 今年は夫婦で現地の追悼集会に出席するつもりだったが、新型コロナウイルスの影響であきらめた。富山市での追悼の集いに出席した後、「心がつながっているように感じて『また来たよ』と声をかけた。またどこかで会えないかな」とさみしそうに語った。

無断転載・複製を禁じます
1859463 0 社会 2021/02/22 11:01:00 2021/02/22 13:17:59 2021/02/22 13:17:59 献花する金丸さん夫妻(中央)(22日、富山市立富山外国語専門学校で) https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/02/20210222-OYT1I50040-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)