読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

サムハラ神社の神職、祈祷中に女性の胸触り再逮捕…「気分が高揚」

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 大阪市西区のサムハラ神社の神職が祈祷(きとう)中に女性の胸などを触ったとして逮捕された事件で、西署は22日、同神社の神職川端孝和被告(70)(大阪市東住吉区、起訴)を準強制わいせつ容疑で再逮捕した。捜査関係者によると、川端被告は「昨年末から今年1月までに約10人の女性に同様の行為をした」と話しているという。

 発表では、川端被告は1月中旬、神社の本殿で、祈祷に訪れた女性に対し、鈴や棒状の神具を胸に押しつけたり、手で胸や尻を触ったりした疑い。「祈祷の途中で気分が高揚して触ってしまったと思う」と供述しているという。

無断転載・複製を禁じます
1861894 0 社会 2021/02/23 13:23:00 2021/02/23 14:10:12 2021/02/23 14:10:12

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)