読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

知人女性に無断で堕胎させ、けが負わせる…元勤務医に懲役2年の実刑判決

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 妊娠中の知人女性に無断で堕胎させたなどとして、不同意堕胎致傷罪に問われた元勤務医藤田俊彦被告(34)に対し、岡山地裁(御山真理子裁判長)は24日、懲役2年(求刑・懲役5年)の実刑判決を言い渡した。

 起訴状によると、藤田被告は昨年5月、勤務していた岡山市内の病院で、妊娠約2か月の20歳代の知人女性に対し、承諾を得ずに麻酔薬などを投与し堕胎させ、その際にけがをさせた。

 公判で弁護側は、「示談が成立している」などとして執行猶予付きの判決を求めていた。

無断転載・複製を禁じます
1863847 0 社会 2021/02/24 12:03:00 2021/02/24 16:27:15 2021/02/24 16:27:15

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)