読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

顧客口座から2450万円詐取の元銀行員、買った物は大半が新品…「買うことで満たされた」

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 顧客の口座から現金約2450万円をだまし取ったとして詐欺罪などに問われた秋田市の元秋田銀行員の女(37)の論告求刑公判が24日、秋田地裁(板東純裁判官)で開かれた。検察側は懲役5年を求刑し、結審した。

 起訴状などによると、元行員は2015年~19年、同行外旭川支店で、顧客からの依頼を装い預金口座から同僚に出金させるなどして、現金をだまし取ったとされる。現金は、食器や洋服などクレジットカードによる買い物の支払いにあてていた。

 被告人質問で元行員は「買った物は大半が新品のまま。買うことで満たされた」と述べた。

 検察側は論告で「銀行の信頼を逆手に取った犯行態様は悪質」と指摘。弁護側は「(着服金の)弁償のために早期に就労する必要がある」と執行猶予付きの判決を求めた。

無断転載・複製を禁じます
1870546 0 社会 2021/02/26 16:53:00 2021/02/26 16:53:00 2021/02/26 16:53:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)