読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

足利の山火事、一時民家まで50m…消火用の水使用で断水も

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 栃木県足利市の両崖山りょうがいさん(251メートル)で続く山火事は25日午後6時現在、延焼が約100ヘクタールに広がった。空気の乾燥が続く中、周辺住民が不安を募らせている。

山火事の延焼が続く現場で行われる消火活動(25日午前11時13分、栃木県足利市で)=三浦邦彦撮影
山火事の延焼が続く現場で行われる消火活動(25日午前11時13分、栃木県足利市で)=三浦邦彦撮影

 両崖山の北西部にある同市大岩町では一時、火が民家まで約50メートルに迫ったため、市は同日午前、30世帯約60人に避難勧告を出し、対象は計207世帯に広がっている。

 同市五十部よべちょうでは消火活動で水を大量に使用したため、一時断水が起き、市は給水車で水を配布した。避難勧告が出ている地域では、白煙と焦げ臭いにおいが漂う中、「気分が悪い」と訴える住民もいるため、市は保健師を派遣するなど対応に追われている。

 煙の影響で24日夜から通行止めが続く北関東道の足利インターチェンジ(IC)―太田桐生IC間も、再開のめどは立っていない。

 市は25日、火元の可能性があるとみている山頂近くの休憩所について、21日に消防隊員が119番を受けて駆け付けたところ、ベンチ周辺が燃えていたと明らかにした。

無断転載・複製を禁じます
1868413 0 社会 2021/02/25 21:19:00 2021/02/26 01:50:25 2021/02/26 01:50:25 延焼が続く山で行われる消火活動(25日午前11時13分、栃木県足利市で)=三浦邦彦撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/02/20210225-OYT1I50065-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)