読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

コロナ禍で自殺防ぐ「命の門番」養成急務…身近な人の異変気づき支援

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

ゲートキーパーの養成に取り組む菅原さん(左)と森本さん(昨年12月、東京都内で)
ゲートキーパーの養成に取り組む菅原さん(左)と森本さん(昨年12月、東京都内で)

 コロナ禍で自殺者が増加傾向にある中、身近な人の悩みに気づき、支援につなげる「ゲートキーパー(命の門番)」の養成に注目が集まっている。政府も自殺対策の柱として位置づけ、各自治体に養成を求めている。(小泉朋子)

 「普段の声かけの中で、異変に気づくこと。これがゲートキーパーの役割です」。昨年12月にオンラインで開かれた養成講座で、NPO法人「日本ゲートキーパー協会TOKYO」代表理事の森本美花さん(46)は参加者にこう語りかけた。

 ゲートキーパーは、自殺の危険を示すサインに気づき、医療機関や専門家などの支援につなぐ存在だ。政府が2007年に作成した自殺総合対策大綱に養成の必要性が盛り込まれた。特別な資格は必要なく、各地で養成講座が開かれている。

 19年から活動を始めた同協会では、一般の人や自治体職員らを対象にこれまで30回の養成講座を行ってきた。講座では、身近な人の異変に気づき、相手が安心できる環境を整えて話を聞き、支援につなぐことなど、ゲートキーパーの役割を具体的に伝える。

 コロナ禍では、リモートワークを導入した企業の人事担当者らから「パソコンの画面では部下の様子の変化がわかりにくい。どう観察すればよいのか」などの質問が寄せられている。森本さんは、堅苦しくないメールを送ることなどをアドバイスしている。

 同協会理事の菅原玲子さん(43)は自らの経験をもとに「誰かが自分を気にかけてくれていると感じられれば、生きる勇気がわいてくる」と話す。

残り:879文字/全文:1645文字
読者会員限定記事です
新規登録ですぐ読む(読売新聞ご購読の方)
無断転載・複製を禁じます
1870368 0 社会 2021/02/26 15:00:00 2021/02/26 16:27:18 2021/02/26 16:27:18 自殺対策について語る菅原玲子さん(左)と森本美花さん(22日午後5時28分、東京本社内で)=西孝高撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/02/20210226-OYT1I50056-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)